© 2019 by Harumi Shinagawa.

​◆ 生年月日:1981年4月9日生まれ

◆ 出身地: 茨城県石岡市

◆ 現住地:武蔵野市吉祥寺本町

​◆ 出身校:東京国際大学 国際関係学部卒業

◆ 仕事:東京都議会議員 鈴木邦和秘書

     国際関係シンクタンクIIS 事務局次長

​◆ 趣味:神社巡り・自然散策・料理番組鑑賞

​◆ 資格:国連英検B級・日商簿記2級

◆ その他:小池百合子政経塾「希望の塾」1期生

      一般社団法人Publitech サポーター

 これまで都議会議員の秘書として、武蔵野市民の皆さまからご相談を頂きながら地域課題の解決に取り組んできました。しかし、武蔵野市には14万人以上の市民の方々がいらっしゃいます。議員や秘書が直接聞くことが出来る市民の方々の声というのは、極一部であることもまた痛感してきました。

 海外の先進都市を見てみると、例えば、モスクワ市では、市長が市民にアプリを通じて毎週質問を実施して、より多くの市民の声を日々の政策決定に反映しています。また、パリ市では、市の年間予算の1%〜5%を市民が直接提案し、インターネット投票によって決めています。テクノロジーの活用によって、政治のカタチは少しずつ変化しているのです。

 私が今回政治家を志したのは、テクノロジーでもっと多くの市民の方々の声が、政治に反映できるようにしたいと考えたからです。「武蔵野市を日本一のテクノロジー先進都市」にするために、どうか皆さまの応援をよろしくお願いいたします。